マーブル・ペーパーとは

 マーブル・ペーパーとは、日本古来の「墨流し」が源流ともいわれる、絵具を水面にたらして出来た模様を紙に写し取るというヨーロッパで主に製本等に使用された伝統的な装飾紙のこと。

出典:三浦永年(1988年)『魅惑のマーブル・ペーパー』

 三浦永年氏のマーブルペーパーは薬剤等の素材から模様の技法まですべて一貫して行うオリジナルの一点ものの作品となっており、永年氏の保有する古今東西の貴重なマーブルペーパーコレクションは世界一といわれ、現在はここ宮城芸術文化館で見ることができる。

(左画像は三浦永年氏制作のマーブルの一例)